夏のコンクールの結果

今年はラルゴピアノフェステイバルが7月2日だったので 時期が重なり、夏のコンクールに参加するのが厳しい状況でした。

毎年コンクールに参加し、輝かしい成績を収めている5年生の3人は発表会で活躍した為、今年は参加しませんでした。

その代わり始めてPTNAに出た幼稚園生や低学年の生徒さんが頑張ってなかなかの成績をおさめました。

幼稚園年長さんのRちゃんは予選で優秀賞を頂き、盾を もらって嬉しそうです。

本選では惜しくも賞は得られずちょっぴり悲しい顔になりましたが、審査の点数は毎回上がっているし、審査員の 先生の「これからがピアノの道のスタート」とのお言葉に励まされて、幼いながら頑張る気持ちになったようです。 Rちゃん   同じく、年長さんのMちゃんも2回の予選で優秀賞を獲得しました。

本選では賞が頂けず、落ち込みましたが、コンクールを 通じてピアノが大好きになったからと、すぐに立ち上がって家に帰ると早速次の曲の練習を始めました。毎日1時間も練習する根性の持ち主です。 Mちゃんn(1)Mちゃんn(2) 小学校2年生のAちゃんは初参加で予選奨励賞を頂き、可愛いお手紙をくれました。 「コンクールのピアノを教えて くれてありがとうございます。おかげで奨励賞がとれて とても嬉しいです。 また挑戦して今度は優秀賞が取りたいです。また、いろんな曲を弾いてみたいです。」 Aちゃん   2年生のI君は再びの挑戦ですが、2回の予選で両方とも 奨励賞を頂きました。 あと一息で本選に出られませんでしたが、その美しい音色と豊かな音楽性は高い評価を受けました。 これからの成長が楽しみです。 I君    その他賞を得られなかった生徒さんもそれなりに良い経験をし、ピアノがより好きになり、まじめに勉強する姿勢を学んでくれたと思います。

コンクールには挫折はつきもので、例えば本選を通過して全国大会に出ても金賞を得られない限り挫折になるわけです。

上位に行くほど落ち込みはきびしく、今年も予選で落ちた人より、本選で落ちた人の方が落ち込んでいたようです。

でも、その悔しさをばねに精進していくからこそ、進歩があり、輝かしい未来に通じるのではないでしょうか?

才能豊かな幼い子供たちがピアノを通じて成長していくのが楽しみです。

 

 

ラルゴピアノ教室は土日祝もレッスンしております。

 

ラルゴピアノ教室のホームページアドレスはこちらです。 http://largo.ottava-hp.com

 

リトルキッズコースもあります。http://larsat.jugem.jp/?cid=6

コンクールを目指す生徒 | comments(0) | trackbacks(0)
entry_bottom
第23回ラルゴピアノフェスティバル

7月2日にみなとみらいホール小ホールで第23回ラルゴピアノフェスティバルを催しました。

第一部は幼稚園生から小学校5年生までの生徒さんで、今年は43名で数も多かったのですが、質的にも 今までで一番レヴェルが高いものになりました。

PTNAコンベテイションやフレッシュ横浜などがコンクールの入賞者が1部だけで8名,(3部も入れると11名) も出演していて光る演奏を聞かせてくれました。

それ以外の生徒さんたちも真面目に練習してくれているのが良く分かる好演が多かったです。

また、今年初めてステージに出た幼稚園生、1年生の子たちも始めたばかりと思えない位、可愛らしい中にもしっかりと弾いてくれました。

学年が上がるにつれ、それぞれが前年よりもずっと進歩しているのがはっきりして、頼もしく思えました。

素晴らしい演奏をした才能豊かな4,5年生の生徒さんたちをこれからどのように育てていくか希望とともに責任を感じます。 集合写真(第1部) 第二部は「ピーターと狼」です。

小学校1年生から社会人の生徒さんたちで力を合わせて作ったり楽しいステージです。

ロシアの大作曲家プロコフィエフが自分で台本を書き、オーケストラとナレーションによる音楽童話として完成したこの作品は, ラルゴピアノ教室の18番で今度で3回目になります。

以前はエレクトーンでオーケストラの音を表しましたが、今回はピアノ連弾と,クラリネット,オーボエ,ファゴット など生の楽器で仕上げてみました。

猫のクラリネットはソロ演奏でもプロコフィエフの  トッカータを弾いて活躍する中学生のK君が吹いてくれました。 『ピーターと狼』の  あひるのオーボエとおじいさんのファゴットは生徒さんのお父様が賛助出演で 素敵な音を聞かせて下さいました。 『ピーターと狼』のおじいさん 始めてまじかに見る管楽器と生音に生徒たちはとても興味深い様子でした。色々な音色に触れ、オーケストラの啓蒙にもなったと思います。

でも,子供たちが何より楽しんだのはお友達とアンサンブルをすること,それにお母様方の手作りの可愛い衣装を着て踊ったフィナーレだったでしょう。 『ピーターと狼』の狩人『ピーターと狼』の狩人と狼『ピーターと狼』の小鳥『ピーターと狼』のフィニッシュ 振り付けをしてくださったOBのSKさんの親切な指導で 今までで一番上手く出来ました。

第三部は中学生から社会人までの生徒さんで,ラルゴに在籍するのが8年以上の方が大部分です。中には18年になる 生徒さんもいて年月の速さを感じるとともに、それらの方々のお陰で、現在のラルゴのカラーが生まれ、明るく暖かいお教室として23年も続いているのだと、感謝の気持ちでいっぱいです。

21人の中で音楽を専攻するのは1人だけなので、他の学生さんや社会人の方は本当にピアノの練習時間を作るのが 大変な状況です。でもそれにもめげず,毎年グレードアップする曲に挑戦していられるのはすごいことだと思います。 彼らをここまで引き入れるのは、やはり音楽の持つ素晴らしい魅力なのでしょうか?  

私達はそのようなピアノに関わっていることに改めて  ありがたく思います。 そして彼らに負けないよう私達も 進歩していかなければ、と痛感しました。 集合写真(第3部)

 

 

ラルゴピアノ教室は土日祝もレッスンしております。

 

ラルゴピアノ教室のホームページアドレスはこちらです。 http://largo.ottava-hp.com

 

リトルキッズコースもあります。http://larsat.jugem.jp/?cid=6

ピアノ発表会 | comments(0) | trackbacks(0)
entry_bottom
ラルゴピアノフェスティバル

2017年7月2日(日)に横浜みなとみらい小ホールで

ラルゴピアノフェスティバルを開催します。

6月25日には最後のリハーサルをしましたが、まだまだ 仕上がっていないところもあり、不安は一杯ですが、 最後の追い込みで頑張っています。

1年間の成果を発表する大切な行事で、今年は素晴らしく 音響の良いみなとみらい小ホールですので、お客様にも 喜んでいただけるような会にしたいと思っています。   このブログを読んでくださった皆様、お時間がありましたら是非いらして下さい。

12時5分開演の第一部は幼稚園生から小学5年生までの 生徒さんで、コンクール入賞者も多数出演します。

14時30分頃始まる第2部「ピーターと狼」は連弾に

管楽器を交え、ナレーションで綴り、ダンスも入る楽しいステージです。

15時25分開演の第3部は中学生から社会人までの生徒さんで、ラルゴに7年〜18年も学ぶ生徒さんがほとんどです。 皆、学業やお勤め先のハードな仕事の合間に練習し、非常に難しい名曲に挑戦しています。 短い練習時間で不十分なところがあるとしても、そのピアノを愛する心と意欲を 評価したいと思います。

ご来場頂いた方には出来ればご批評をお寄せいただければと思います。

厳しいご批評も有り難く受けさせて頂きます。

どうぞよろしくお願い致します。

 

 

ラルゴピアノ教室は土日祝もレッスンしております。

 

ラルゴピアノ教室のホームページアドレスはこちらです。 http://largo.ottava-hp.com

 

リトルキッズコースもあります。http://larsat.jugem.jp/?cid=6

ピアノ発表会 | comments(0) | trackbacks(0)
entry_bottom
発表会に向かって頑張っています。

7月2日のラルゴピアノフェスティバルに向かって生徒さんたちは頑張っています。 例年のように2部はアンサンブルコーナーです。

今年はロシア近代の作曲家、プロコフィエフの「ピーターと狼」をピアノ連弾に管楽器を加えてナレーションで楽しいお話を綴ります。

クラリネットを吹くのは中学生の吹奏楽部で音楽博士と言われているT.K君です。 オーボエ、ファゴットを受け持つのは生徒さんのお父様が賛助出演です。

フィナーレの勝利の行進ではピーター,狼,狩人,猫,小鳥  あひる,などのキャラクターが少しずつ踊るのですが, 踊りの指導をしてくれるのは卒業生のS・Kさんです。大学4年のSKさんは13年前に「ピーターと狼」をした時に小学生でピアノ連弾に出演していました。 今春、久しぶりにラルゴに遊びに来てこの企画を知り、踊りの指導を引き受けてくれました。 薬学部で、大学の勉強も忙しい中、とても熱心に親切に教えてくれるので大分まとまってきました。

猫とおじいさん狩人フィナーレ

お母様方も可愛い衣装を作ったりして協力して下さいます。 みんなの気持ちが一つになり良いものを作ろうと盛り上がってきました。 サポートしてくださる方たちに囲まれて、ラルゴの子供たちは本当に幸せだと思います。 連弾を通じて得た協力の精神とリズム感を生かして、ソロ演奏もより良いものにしようと、私たちもラストスパートを頑張ろうと思います。

 

 

ラルゴピアノ教室は土日祝もレッスンしております。

 

ラルゴピアノ教室のホームページアドレスはこちらです。 http://largo.ottava-hp.com

 

リトルキッズコースもあります。http://larsat.jugem.jp/?cid=6

ピアノ発表会 | comments(0) | trackbacks(0)
entry_bottom
懐かしい卒業生の訪問

ひな祭りも終わって春めいてきたこの頃、ラルゴに思いがけない嬉しいお客様が見えました。

卒業生のS.Kさんと、F.Uさんです。二人は同級生でラルゴにいた時から大の仲良し、クリスマス会でも発表会でも息の合った連弾をしてきました。さおちゃんとふうちゃん     こんなきれいなお花を持ってきてくれました。(上の画像参照)

小学4年生でFさんがお父様の転勤のため海外に行くことになっても、文通を続けていたそうです。

Sさんは優秀な生徒さんで、大学受験のため高校2年生でラルゴを去るまで、発表会のステージで、「幻想即興曲」や「悲愴ソナタ」など数々の名曲を弾いてきました。

Fさんが3年前に帰国して、それぞれ名門大学に入学した二人は、すぐに旧交を温め時々会ってはラルゴの思い出を話し合っていたそうです。

Sさんからの電話で「二人で遊びに行っていいですか?」と言われて私達は飛び上がるほど嬉しかったです!

成人式もすませた二人はすっかり美しいレディーに成長して見違えるばっかりでしたが、お話を始めると10年の月日が吹き飛んで小学生の昔のままの可愛らしさに、私たちも自分が年取ったのも忘れ、懐かしい思い出話にふけりました。さおちゃんとふうちゃんに私たちも一緒に   13年前の「ピーターと狼」のエレクトーンのアンサンブルのビデオを一緒に見ました。

でも、1番印象に残っているのはクリスマス会で連弾した「花のワルツ」だそうです。 2年生だった二人にはとても難しかったので、大変でしたが、二人で協力して達成した喜びは友情の絆となって結ばれたのでしょう。

「今年のクリスマス会には是非「花のワルツ」で出て下さい。」と言うと、満更でもない微笑を返してくれました。

二人の連弾がラルゴに復活するのは夢のように素晴らしいことです。 永いこと教室をやっていると、こんな楽しいことがあるのですね。

 

 

ラルゴピアノ教室は土日祝もレッスンしております。

 

ラルゴピアノ教室のホームページアドレスはこちらです。 http://largo.ottava-hp.com

 

リトルキッズコースもあります。http://larsat.jugem.jp/?cid=6

ラルゴピアノ教室OB | comments(0) | trackbacks(0)
entry_bottom
学校行事に参加

2月になると各小学校で4年生は2分の1成人式の行事を行います。

ラルゴの生徒さんもピアノで参加し、活躍しました。

A小学校では4年生全員で「星の大地」を合唱しましたが、N・Nさんはピアノ伴奏に選ばれ合唱を盛り上げました。

E小学校では音楽劇「ごんぎつね」を学年みんなで演じましたが、ピアノのパートをR・FさんとR・Mさんが受け持ちました。

日頃、おとなしくて内気のように見えたR・Fさんが自分から進んで応募して、頑張って練習し、当日も堂々と弾いてくれたようなので、その成長ぶりに感動しました。

ラストのクライマックスシーンを受け持ったR・Mさんはもともと音の美しさではラルゴ随一の生徒さんですが、今回のように力強くダイナミックな迫力のある曲は弾いたことが無かったので少し不安でしたが、良く頑張ってくれました。

いつの間にか手も大きくなって厚いオクターブの和音もバリバリ弾き、オーケストラのような音を響かせるようになりました。

本番も劇的なフィナーレを盛り上げてくれたようで、涙を浮かべるお母様方もいらしたそうです。

他のご父兄から「ラルゴの生徒さん上手ですね」と聞かされ、嬉しかったです。

 

Y・Fさん(中3)とR・Fさん(小4)の姉妹は入院中のお祖父ちゃんを慰めるため、励ましの歌「花は咲く」をピアノとウクレレで弾き語りをしようと計画しました。

お祖父ちゃんは音楽が大好きで、ウクレレもおじいちゃんからRちゃんにプレゼントされたものです 弾き語りは始めてなので、色々難しい事がありましたが、2人は心を込めて練習しました。

F姉妹弾語り

2人の温かい思いやりはきっとお祖父ちゃんを力づけてくれることでしょう!

このように色々なところでピアノを弾いて人に感動を与え、「ピアノを習っていて良かったな」と思ってもらえれば本当に嬉しいと思います。

 

 

ラルゴピアノ教室は土日祝もレッスンしております。

 

ラルゴピアノ教室のホームページアドレスはこちらです。 http://largo.ottava-hp.com

 

リトルキッズコースもあります。http://larsat.jugem.jp/?cid=6

折にふれて | comments(0) | trackbacks(0)
entry_bottom
2017年の目標

2017年が明けてあっという間に1月も末になってしまいました。 ラルゴでは毎年、年の初めに生徒さんたちに、昨年の思い出や反省と今年の希望や抱負を書いてもらっています。 何人かの文をご紹介します。

幼稚園年中生はたどたどしい字で書いてくれました。

 

「きょねんのはじめはよくれんしゅうできなかったけど、8がつからあとはれんしゅうしてクリスマスかいではよくひけました。ことしもよくれんしゅうしてピアノじょうずになりたいです。」(幼・年中)

「2017年にがんばることは、手を丸くすること、音楽をきれいに弾くこと、先生の話を聞くこと、発表会に向けてがんばることです。」(小1)

「今年はコンクールに出て優勝したい。そしてピアノを上手にしたいです。(小1)

 

「譜読みがはやくなるように、リズムがしっかりとれるようにしたい。」(小4)

 

「コンクールでよい成績を得たい。発表会も頑張りたいと思います」(小4)

 

「クリスマス会ではジャズっぽい曲が上手く弾けた。  発表会では思いを込めて弾けて良かったが、譜読みが遅いこと、練習が足りなかったのは悪かったことです。今年は発表会に向けて沢山練習をすること、ジャズっぽい曲、 クラシックの曲、様々な曲に挑戦していきたい。」(小6)

 

「学校の合唱の伴奏のオーデイションを受けてみたい。 ソロの曲は難しすぎる曲ではなく、レべルに合った曲を 完全に弾きたいです。本番で緊張しないで弾けるようになりたいです。」

 

「ショパンのエチュードOP25を全部終えたい」(社会人)

 

などなど、素晴らしい希望が沢山寄せられました。

 

私の今年のテーマは「宝探し」です!

生徒さん達にはそれぞれその人にしかない長所があるはずです。自分の尺度でばかり見ていると、つい見逃してしまうこともあります。隠されている才能を見つけ出して、伸ばして上げられればいいなあ、と思います。 ダイヤモンドか、エメラルドかそんな宝物を探すのを目標にしたいと思います。

 

 

ラルゴピアノ教室は土日祝もレッスンしております。

 

ラルゴピアノ教室のホームページアドレスはこちらです。 http://largo.ottava-hp.com

 

リトルキッズコースもあります。http://larsat.jugem.jp/?cid=6

折にふれて | comments(0) | trackbacks(0)
entry_bottom
2016年クリスマス会第3日(最終日)

街のイルミネーションも一段と華やかになり、クリスマス気分が盛り上がってきました。 ラルゴのクリスマス会最終日も幼稚園生から社会人まで、絵を描いてくれた生徒さんも多数いましたし、連弾も名コンビが多く、バラエテイーに富んだ素適な会でした。

年長さんのAちゃんは兎さんや狐さんなど可愛い動物達がクリスマスをお祝いしている絵を描いて「きよしこのよる」を弾きました。

Aちゃんの演奏 同じく年長さんのYちゃんはお空のお星様を描いて、頑張って両手で「星に願いを」を弾きました。 Yちゃんの演奏Yちゃんの絵                                                              「ミッキーマウスマーチ」を弾いた1年生のIちゃんは折り紙を貼ってこんな可愛い絵を作りました。

Iちゃnの演奏Iちゃんの作品 「金平糖の踊り」を弾いた1年生のAちゃんの画です。 「私はバレーを習っていて、(くるみ割り人形)の中でこの曲が一番好きなのでこの曲を選びました。」とメッセージもはっきり言って、難しい曲を立派に弾きました。左手の早い音符は随分特訓したのでしょうね。転ばずに弾けました。

 

Aちゃんの演奏Aちゃんの絵     Oさん母子は連弾で「オーラリー」仲良く弾きました。 Oさん母子          4年生の仲良しNちゃんとRちゃんはこんな絵を描いて「花のワルツ」を弾きました。 難しい曲だったので始めは心配でしたが、2人はもの凄く頑張って完成させ、楽しく聞かせてくれました。想い出に残ることでしょう! NちゃんとRちゃんの演奏NちゃんとRちゃんの絵 同じく4年生のNちゃんとMちゃんは今年で3回目の名コンビです。 「私たちは(のだめカンタービレ)を見て、ドラマの中のピアニストよりも、もっと上手に弾きたいと思って練習しました」と2人でスピーチしてモーツアルトの「2台のピアノの為のソナタ」を見事に弾きこなしました。 テンポの速いこの名曲を生き生きとこんなに弾けるのは本当に気の合ったこの2人ならではと感心しました。 演奏後の感想は「もう1回弾きたい!」でした。 いつの日か2台ピアノで弾くのが楽しみです。 MNコンビ        6年生のHさん、Mさんも昨年についでの連弾です。 「昨年は(エーデルワイス)を弾いたので今年はサウンドオブミュージックのテーマソングを弾きます」と2人でメッセージを言って弾きました。 HMコンビ          ドビュッシーの「月の光」を弾いた中1のHさんはこんな幻想的な絵を描きました。 「ドビュッシーはフランスの作曲家なので、以前家族で行ったことのあるモン サン ミッシェルの水辺に映る月を思い描いて弾きます」とメッセージを言って、美しい音色で月の色を表現しました。 H.・Iさんの演奏H・Iさんの作品        プログラム最後は社会人のこれ又名コンビAさんとIさんが「小さな世界」のオーケストラチックな豪華なアレンジでわくわくするような演奏をしてくれました。 「小さな世界へレッツゴー!」の掛け声と共に皆んなを楽しいディズニーの世界に連れて行ってくれました。クリスマス会の最後を飾るにふさわしい素晴らしい演奏でした。 AIコンビ 演奏が終わった後はプレゼント交換です。 プレゼント交換(3)    クリスマスソングを歌ってお開きになりました。 クリスマスソング(3)  これでラルゴの2016年の行事はすべて終了しました。 クリスマス会最終日集合写真クリスマス会最終日集合写真(その2) 今年一年の幸せなラルゴに感謝し、来年も良い年にするよう頑張ります!

 

 

ラルゴピアノ教室は土日祝もレッスンしております。
ラルゴピアノ教室のホームページアドレスはこちらです。 http://largo.ottava-hp.com

 

リトルキッズコースもあります。http://larsat.jugem.jp/?cid=6

クリスマス会 | comments(0) | trackbacks(0)
entry_bottom
2016年クリスマス会2日目

9日に2回目のクリスマス会開きました。 北風の寒い日ですが、澄み渡った青空に恵まれ、楽しいクリスマス会になりました。

一つだけ悲しかったのはショパンの「雨だれ」を弾く予定だった期待のK君が学校の柔道で鎖骨を骨折し欠席になってしまったことでした。早く治るよう祈るばかりです。

幼稚園年中さんから演奏を始めましたが、弾く前に自己紹介のメッセージを言ったり、曲のイメージの画を披露したりして、和やかな懇親会です。

「ガラスの靴」を立派に弾いた年中さんのMちゃんはシンデレラを描きました。 Mちゃんの演奏Mちゃんの絵            1年生の双子の姉妹M美ちゃんとM香ちゃんは「天空の城、ラピュタ」の画を書いて仲良く「君をのせて」を弾きました。 Kさん双子姉妹Kさん双子姉妹の絵     小2のKちゃんは「サンタが街にやってくる」をイメージして折り紙でこんな可愛いい作品を作りました。 K・Nさんの演奏K・Nさんの作品(1)K・Nさんの作品(2)          小2のNちゃんは大好きなピノキオの画を描き、「星に願いを」始めてのペダルを使って美しく弾きました。 のんチャンの演奏のんチャンの作品 チャイコフスキーの「ワルツ」を楽しく弾いてくれた小3のSちゃんは踊っている感じの画を描いてくれました。 S・Kさんの演奏S・Kさんの絵  高学年のお兄さん、お姉さんはクリスマスソングをジャズ風にアレンジした曲を楽しく弾いてくれました。 「サンタが街にやって来る」をホップのきいた軽快なリズムに乗って演奏したのは小6のKさんです。アドリブも入って素適でした。

こっチャンの演奏            中3のK君は佐藤 州編曲の「赤鼻のトナカイ」を弾きました。大きな手を活かして、複雑な厚い和音をバリバリ弾く姿は男性の生徒さんならではのかっこ良さでした。 K・Oさんの演奏                                                 最後は例年人気の主婦Nさんの弾き語りです。曲は映画「バースデイカード」の主題歌〈ひまわり〉でした。    N・Nさんの演奏       皆さんの熱演で曲が長かったせいか予定の時間を大幅に超過し、慌ててプレゼント交換とクリスマスソングを歌いました。プレゼント交換クリスマスソング  5歳から主婦まで1時間の間にバラエテイーに富んだ個性を味会えたのは、縦割りのクリスマス会の面白さでした。 この経験が来年の飛躍につながると良いな、と思います。 集合写真(2日目)

 

 

ラルゴピアノ教室は土日祝もレッスンしております。
ラルゴピアノ教室のホームページアドレスはこちらです。 http://largo.ottava-hp.com

 

リトルキッズコースもあります。http://larsat.jugem.jp/?cid=6

クリスマス会 | comments(0) | trackbacks(0)
entry_bottom
2016年クリスマス会1日目

今年もクリスマスの季節になりました。 ラルゴピアノ教室ではレストランプロローグでクリスマス会を開きました。         店内は役員のお母様たちの飾りつけでクリスマスの気分満載です。

お店の商品の陳列棚

エントラスにはレストランのご厚意でパンで作った可愛いいデコレーションもあります。 入口のパンのデコレーション

今年は幼稚園の生徒さんが沢山入ったので小さな新しいお友達が集まりました。 又、ラルゴの鬼生だったA・Mさんが立派な先生になって教えている3人の生徒さん(ラルゴの孫弟子)も一緒に演奏してくれました。 清水亜紀先生と生徒

「となりのトトロ」を弾いた幼稚園生のMちゃんは折り紙を貼って可愛い絵にしてくれました。 Mちゃんの演奏Mちゃんの絵

親子の連弾も微笑ましかったです。 「ドレミの歌」はMさん父子の連弾です。 k君とお父様の連弾 「アンダー・ザ・シー」はSさん母子の連弾です。 Sさn母子連弾

それぞれソロを弾いた親子もありました。 (お母様のメッセージ) 「息子がピアノを楽しそうに弾いているのを見て、自分もやりたくなり、子供の頃習っていたピアノを再開しました。人前で弾くのは中学生以来なので、弾き始めてみなければどうなるか分かりませんが最後までお付き合いの程よろしくお願いします。 K君のお母様

小2のK君は「ヒマワリの約束を、お母様のMさんはシューベルトの「樂興の時」を立派に弾かれました。 K君

演奏の後は楽しいプレゼント交換、ピアノに合わせて回していくのですが、小さな子たちはなかなかうまくいきません。でも皆が心をこめて選んだプレゼントは今日の記念になることでしょう。 プレゼント交換

最後にクリスマスソングを元気に歌いました。 歌

今日の会をプログラム作りから、会計まで全てして下さった役員のお母様、KさんとOさんに心から感謝致します。 会費が残ったからと言って、1人50円ずつ返金して下さったので、その手間をかけた細やかな心遣いに感動しました。 集合写真1日目(その2) 集合写真1日目(その1)

 

 

ラルゴピアノ教室は土日祝もレッスンしております。
ラルゴピアノ教室のホームページアドレスはこちらです。 http://largo.ottava-hp.com

 

リトルキッズコースもあります。http://larsat.jugem.jp/?cid=6

クリスマス会 | comments(0) | trackbacks(0)
entry_bottom
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
recent_entry
archives
RECENT TRACKBACK
RECOMMEND
SPONSORED LINK
LINK
PROFILE
MOBILE
qrcode
search