函館紀行

8月の終わり、私たちは函館に旅しました。 先ず海鮮市場に入ってイカ釣りをしました。 函館朝市栄屋にて 一番元気のいいのを狙って吊り上げ、早速料理してもらったイカ丼、ホタテ丼、ほっけの焼き物、イカの塩辛、松前漬など盛りだくさんの海の幸を堪能しました。 海鮮丼

日が暮れると、函館山の夜景を見に行きましたが、久しぶりのお天気とあって、ロープウェイは長い長い行列やっと上がった展望台も人、人、人の押しくらまんじゅうです。 きらめく夜景は美しいけれど、夕涼みの気分にはなれませんでした。 函館山より夜景(2)

 

2日目は雨だったので、元町地区の歴史的建物を見て歩きました。 カトリック教会は1860年に建てられた我が国で最も古い物の一つで、内部の荘厳さは目を見張ります。時のローマ法王から寄贈されたというキリストの受難を描いた木造の彫刻は素晴らしい物でした。 カトリック教会十字架の道行

 

豪商の相馬氏が寄付した元道庁の公会堂も、イギリス領事官も異国情緒豊かな建物で、開国当時の函館をしのばせました。 函館公会堂函館公会堂のホールイギリス領事館

 

3日目は爽やかな快晴、大沼公園に向かいました。沼というより可愛い島が点在する美しい湖です。私たちも駒が岳を眺めながら、ペダルボートに乗って湖上を散歩しました。 大沼公園(その1)大沼公園(その2)大沼公園(その3)

 

幕末の函館戦争の跡を偲ばすのは五稜郭と、江差にある軍艦開陽丸です。 幕府の新鋭艦だった開陽丸は嵐のため江差で座礁してしまい、そのため幕府軍は戦いに負けてしまったとの事です。 復元された艦内には武士たちの戦う姿や大砲がリアルに再現されています。江差・開陽丸 勇ましく純粋な若者たちの姿を見ていると、思想の違いから未来あるこの人たちが命を捨てて戦ったのは、、なんとも痛ましい事です。 ハンサムな土方歳三の写真を見ながらつくづく思いました。

江差の出島鷗島を散策しました。美しい海の色です。 江差・鷗島

 

4日目は北海道新幹線の新函館北斗駅に行きました。まだ出来たばかりでがらんとしていますが、今度来るときは新幹線で来たいと思いました。はやぶさ北海道新幹線・新函館北斗駅 ホールには歴代のアイヌの酋長の画が飾ってあったので、北海道はアイヌの国でもあり、歴史的に色々なドラマがあったのだなと改めて思います。

 

今も活動を続ける火山である恵山です。恵山

 

夕陽の立待岬も回り、函館周辺の自然の美しさを満喫して、帰途につきました。 立待岬

 

 

ラルゴピアノ教室は土日祝もレッスンしております。
ラルゴピアノ教室のホームページアドレスはこちらです。 http://largo.ottava-hp.com

 

リトルキッズコースもあります。http://larsat.jugem.jp/?cid=6

自然を訪ねて | comments(0) | trackbacks(0)
entry_bottom
石垣島紀行
お正月休みの後半私たちは沖縄県石垣島に旅しました。
元旦の東京の寒さは格別でした。夜−2℃の風の冷たさに震えていました。
ところが4時間余り飛行機に乗って石垣島空港に着くと,春を通り越して初夏のような陽気でTシャツ姿の人たちに戸惑いました。まるで南半球にきたみたいです。
レンタカーでクーラーをオンにして海辺に来てみると珊瑚の白い砂浜にエメラルドグリーンの海がきらめいていました。
御神崎灯台平久保崎灯台
2日目は西表島に渡りました。
マングローブとは木の名前かと思っていたら、海水と川に水の混じった水中に根を張る木々のことを言うんだそうです。原始林の名残なのでしょうか?
仲間川のマングローブ
水牛車にゆられて由布島に行きました。
由布島の牛車
ヤマネコには会えませんでしたが、黒い牛たちがそこらに遊んでいて、自然が豊かに残っている島でした。
野生に咲くブーゲンビリアには蝶々が舞っていました。
ブーゲンビリアに舞う蝶
3日目は竹富島に行きました。
サンゴ礁の石を積み上げた塀に赤屋根の可愛い家の街並み、文化財として昔の村をそのまま残してあるこの村はタイムマシンで百年前の異国に連れて来られたようでした。
竹富島の家並み
村の中はハイビスカスやブーゲンビリアが咲き乱れ、垣根に絡まっているブーゲンビリアを、水牛車の水牛が立ち止まって、むしゃむしゃ食べていました。
花いっぱい竹富島民家

4日目は日本で1番美しいといわれる鍾乳洞に行きました。サンゴ礁の中でカルシュームがきらきら光る鍾乳洞は幻想的でした。鍾乳洞
一昨年、沖縄本島に行った時は太平洋戦争のむごたらしい痕跡に胸が押しつぶされましたが、石垣島は戦争の後は全くなく、亜熱帯ののんびりした気候の中でに身も心も癒された旅でした。

さあこれから2016年度の始まりです。
ラルゴの発表会の準備や生徒たちのことなど、帰りの飛行機の中ではあれこれ考えました。

ラルゴピアノ教室は土日祝もレッスンしております。
ラルゴピアノ教室のホームページアドレスはこちらです。
http://largo.ottava-hp.com





























自然を訪ねて | comments(0) | trackbacks(0)
entry_bottom
信州を旅して
遅い夏休みを取って、私たちは志賀高原に行きました。
猛暑を逃れての予定だったのに横浜も前日からめっきり涼しくなり、おまけに最初の1日は雨ふりだったので、ちょっとがっかりでした。
雨の中、飯山の「高橋まゆみ人形館」を見に行きました。農村の素朴な生活を手作りのお人形で表現したもので、その生き生きとした豊かな表情に感動しました。
地元の野菜を使った昼食もとてもおいしくて、ひなびた信州の味を満喫しました。
高橋まゆみ人形館
夕方、雨が上がると見たこともないような大きな虹が出て、明日からの明るいお天気をプレゼントされました。
虹
今回の計画は先ず池めぐりです。志賀高原には沢山の池や沼がありますが、車道からすぐ見える丸池や蓮池に比べて、徒歩5キロの山道を歩いた末に行きつく大沼池を見るのは格別の感動がありました。
バスクリンの様に冴えたブルーは、疲れも忘れ、来てよかったとしみじみ感じさせます。
大沼池(1)大沼池(2)
志賀高原で1番高い横手山は霧が多くて見晴らしは望めませんでしたが、高山植物の色とりどりのお花が私たちを迎えてくれました。
花
3日目、焼額山の頂上稚児池付近はりんどうの青い花やわれもこうなど、秋の花がいっぱいでした。
りんどう
澗満滝は近づく事が出来ず、遠くから眺めましたが、なかなかの見ものでした。
澗満滝
4日目、渋池と48の小さな池が点在する四十八池に行きました。渋池
森の奥に鎮まる湿地に咲くお花やトンボやチョウなど小さな生き物たちと遊んで、私たちは心を洗われ、明日からのレッスンに意欲を持てるようになりました。

ラルゴピアノ教室は土日祝もレッスンしております。
ラルゴピアノ教室のホームページアドレスはこちらです。
http://largo.ottava-hp.com
自然を訪ねて | comments(0) | trackbacks(0)
entry_bottom
北海道旅行
8月の末、やっとお休みの取れた私達は猛暑の横浜を抜け出し、北海道のニセコに旅しました。羊蹄山
天気予報に反して、行くところはぴかぴかの晴天で涼やかな風。
支笏湖のこんな美しい水の色を見たことがありませんでした。支笏湖


札幌の夜景を見に藻岩山に登りました。
時間が早かったので昼の展望も出来ましたが、300度町が広がる札幌の街の向こうには海も望める昼景色もなかなかです。夕焼けの色に魅せられました。黄昏の藻岩山
気温は16度。半袖の私達は寒さに震えました。
日が暮れると金の砂をまき散らしたような夜景が浮き上がってきました。ダイヤモンドのチェーンやルビーの輝きもまたたいて豪華な饗宴が始まった様です。札幌の夜景

積丹半島、神威岬は義経を慕ったアイヌの娘の悲恋の伝説がありました。
紺碧のこの海に浮かぶ義経の船を追って来たアイヌの娘は高山植物の花の咲き乱れるこの丘に立ちつくして居たのでしょうか?
海風に吹かれながら大昔のロマンに浸りました。神威岬

自然の中に身を置くと、宇宙の神秘を感じ、自分が小さなものに思えます。
芸術とは計り知れないこの神秘な世界と人間を結ぶ懸け橋なのでしょうか?
身も心も洗われたところで、又明日からレッスンに励みたいと思います。

ラルゴピアノ教室のホームページアドレスはこちらです。
http://largo.ottava-hp.com
自然を訪ねて | comments(0) | trackbacks(0)
entry_bottom
沖縄旅行
1月の末に私達は沖縄に行ってきました。一番寒い時期に出発したのに、那覇空港に降り立つと4月の温かさです。山は桜祭りで賑わい、一足早く春を味わいました。明るい太陽に輝くエメラルド色の海と、カラフルな魚達は私達を竜宮城にいざなってくれました
海中観察万座ビーチ
でも太平洋戦争の記念碑の数々を見学した時、レジャー気分は一掃され、戦争の無残さ、恐ろしさに胸が押しつぶされる思いになりました。こんな美しい島に何故このような悲劇が起ったのでしょうか?
暗い想いに浸っていると、ポーランドの動乱に慟哭したショパンの心に少し近づいた気がしました。ショパンの音楽は繊細な甘さの陰に深い絶望や怒りの叫びが秘められています。
ショパンがとても弾きたくなりました。
自然を訪ねて | comments(0) | trackbacks(0)
entry_bottom
学生の交響楽団
8月の末になってやっととれた休暇で私たちは猛暑の横浜を逃れて奥志賀高原に行きました。渋池
日中も22度C位の高原を渡る涼風、夜になると15度Cの肌寒さに、同じ日本になんでこんなに違うところがあるのだろうと驚くほどの別天地です。ぶなの森高天原

この快適な気候と美しい自然の中で合宿している学生さんのサークルが沢山ありました。
運動系も多かったのですが、私たちはオーケストラの演奏会を覗いてみました。
5校位目白押しに演奏会があったのですが、私たちは杜の音楽堂で催された山梨大学医学部交響楽団の定期公演を控えてのリハーサルコンサートに行ってみました。山梨大学医学部交響楽団

ウェーバー / 「オイリアンテ」序曲に始まり、ビゼー/ 組曲「カルメン第一組曲、第二組曲」より、そして最後のドボルザークの交響曲第8番はなかなかの聴きものでした。オーケストラって管楽器、弦楽器、打楽器の色々な音が入り混じって本当に素晴らしいなと改めて思いました。
何十人もの人が力を合わせて一つの音楽を築きあげているのが聴く人の心を打ちます。
医学部の学生さんたちで本業も忙しいでしょうに、サークルの為にここまで練習するのはどんなに大変なことかと考えると、一人一人の音楽を愛する気持ちに感動します。
素人なので管楽器など少し未熟なところはありましたが、その若々しい情熱はプロのオケに劣らない清々しく楽しいひと時を与えてくれました。

ラルゴの生徒さんの中にも中学や高校のオーケストラに属している方も多いですが、学校生活の中でしか味合えないこの喜びは是非お勧めしたいと思います。
その経験がピアノの上達にも生きることと思います。
皆さんが音楽を通じて豊かな人生を送るよう祈っています。
自然を訪ねて | comments(0) | trackbacks(0)
entry_bottom
夏休みを終わって
あまりの猛暑にめげて御無沙汰してしまいました。
今日から九月。夏休みの思い出を記し新学期に向かってスタートを切りましょう!
8月の始め、私たちは奥志賀高原に行きました。シャレークリスチャニア
うだつ様な暑さの都会から来てみると、気温23°透明な涼風に高山の花が揺れるこの地は夢のような別世界でした。稚児池
焼額山の植物 1
そんな自然の美しさにも増して感動したのは「奥志賀高原 森の音楽会」でした。小澤征爾 チケット

サイトウ・キネン室内楽勉強会は奥志賀に別荘を持つ世界的指揮者、小澤征爾氏を中心に毎年開かれているようですが、今年は食道がんを克服して始めて棒を振る小澤氏の姿を一目見ようと多くの人が集まり、大盛況となりました。小澤征爾 1
恥ずかしながら始めて小澤さんをま近で見ました。テレビで見るより小柄で病の故か痩せて鼻が尖っていてお爺さんに見えましたが、一たび指揮台に立つとその指先から魔法のように音楽が流れ出て惹きつけられてしまいました。
一曲目はモーツアルトの「ディベルティメント」。森の音楽堂がたちまち宮殿のサロンに変わりました。
彼の指先のはじき方で休符や8分音符のスタッカートが躍り出てくるようで生き生きと若さにあふれた音が流れました。小澤征爾 2
モーツアルトはひょうきんな人だったそうですが、時々ペロッと舌を出す小澤さんの表情はユーモアに富んでいて、モーツアルトのイメージに重なりました。
5分間も立っているのが苦しいという体力の小澤さんを気遣って楽員さんが止めましたが、鳴りやまないアンコールに応えてチャイコフスキーの「弦楽セレナーデ」を振ってくださいました。
それは前の曲とはまるで違って情熱に溢れ、雄大で魂を揺り動かすものがありました。
この曲は村の小学校の講堂で小学生のためにも演奏されたそうで、羨ましいですね。

小澤さんの音楽を聴いて、一つ一つの音符に命があること、どの音符も輝いて躍動するように演奏しなければいけいと痛感しました。
生徒さんにもどんな簡単な曲でも命をもって弾けるよう指導し、音楽の素晴らしさを味わってもらうお手伝いをしたいと思いました。
でも具体的にどうやって子供たちに伝えるか?思考錯誤し始めるともう私の思いは新学期のレッスンに向かって膨らんできました。、
自然を訪ねて | comments(0) | trackbacks(0)
entry_bottom
リフレッシュの旅
ラルゴピアノフェステイバルを終えてホッと一息、リフレッシュの旅に出ました。
行先は長野県の白馬村、蒸し暑い横浜からやってくると、ここは別天地のように空気が軽くすがすがしいので生き返った気がします。気温は昼間で20度、夜は12度でストーブが欲しくなります。
栂池自然園の水芭蕉
17日は栂池自然園にいきました。残雪のある北アルプスに囲まれた湿原は今水芭蕉の真っ盛りで地上の天国に来たような気がしました。立金花の黄色も水芭蕉を引き立てていますが、その他の高山植物の可愛い花もあちこちに咲いています。
立金花18日には蓼科の貸別荘「森の家」に来ました。
新緑の落葉松に囲まれた可愛い別荘でカッコウの声に目覚ると身も心も洗い清められる気がします。
バラクラは珍しいお花溢れて、フラワーショーで賑わっていましたし、ホテルハイジのお茶タイムもたのしかったけれど、御泉水自然園の美しさが一番印象に残りました。
れんげつつじの満開の小道を行くと小川のせせらぎと野鳥の声がさわやかに聞こえます。、

蓼科御泉水自然園
20日名残惜しい「森の家」に別れを告げ帰途につきました。
また絶対来たい!リフレッシュされた身で明日から生徒さん達に接すればきっと良いレッスンが出来ると思います。
高原の草木やお花、小鳥たちに感謝の気持をもって[さようなら]を言いました。


自然を訪ねて | comments(0) | trackbacks(0)
entry_bottom
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
recent_entry
archives
RECENT TRACKBACK
RECOMMEND
SPONSORED LINK
LINK
PROFILE
MOBILE
qrcode
search