コンクール本選

リオ五輪の成果が連日テレビを賑わしています。

4年間の血のにじむ練習の結果、金メダルを勝ち取った嬉し涙、ほんのわずかな差でメダルを逃した悔し涙、どちらも心を打たれました。

ひたむきに生きている選手達の姿はまばゆい青春に輝いています。

そんなオリンピックとは比べ物にならないでしょうが、ラルゴピアノ教室にもこの夏、一生懸命頑張った生徒たちのドラマがありました。

難関のコンクール予選を通過した3人の4年生の本選の結果です。

NちゃんはPTNAコンベテイション本選は始めての出場でしたが、見事に奨励賞を獲得しました。 ラルゴの小学生が本選で受賞したのは始めてです。(幼稚園生では最優秀賞を得て全国大会に出た例もあります)

大曲をバリバリ弾くのは得意なNちゃんですが本選の課題曲、チャイコフスキーの「朝の祈り」のようなゆっくりで抒情的な曲は始めての挑戦でした。 どうしたら美しい音が出せるか、和音のバランスと響きや、メロデイーの繋ぎ方など一生懸命自分の音を聞いて工夫しました。

そして迎えた本選のステージでは今まで出せなかった柔らかい音を響かせ、隅々まで音楽の風に乗った爽やかな演奏が出来ました。 ステージを下りて来た彼女の眼には達成感の涙が光っていました。

この感動と、彼女が新しい音色を身に付けた事は、受賞以上の大きな喜びでした。

Nさん

 

8月8日フレッシュ横浜の本選はRちゃんとMちゃんが出演しました。 2人共過去にこのコンクールで入選をしているので、今回はそれ以上の賞を狙いたいのが人情で、プレッシャーがかなりきついと思います。

私は「コンクールは賞を取る為の物ではない、自分を磨く事、ピアノが上手くなるだけでなく、精神力もアップして立派な人間になる為のステップ」などと偉そうなことを、生徒にも自分にも言い聞かせていますが、やはり賞を取らせてあげたい気持ちは消せません。 とりわけRちゃんは音色の美しさではラルゴで一番の生徒です。期待に胸ふくらませてステージを見守っていました。

ところがRちゃんは課題曲を数小節弾いたところでひっかかって、弾き直してしまったのです。がっくりきましたが、Rちゃんはすぐに立ち直り、続く自由曲は素晴らしい演奏をしてくれました。

続くMちゃんは課題曲も自由曲のドビュッシーの「アラベスク」も一つも間違えないで弾けました。少し速くなりすぎて、歌いきれないところはあったけれど、成功した感じでニコニコ顔でした。

席に戻って来ないRちゃんを捜すと後ろの席で泣きじゃくっていました。練習の時あんなによく弾けていたのに落とし穴に落ちたようなミスをしてしまって、どんなにか口惜しかったのでしょう。演奏は本当に怖い!私も慰める言葉がなく、唯,肩に手を置くだけでした。

ところが、数時間後自宅に帰っていた私にRちゃんから電話がかかりました。 「先生、入選していました!」喜びにあふれた声です。表彰式にはドレスも着ないで出たのに入選で慌ててステージに上がったそうです。 「あなたの美しい音、素晴らしい演奏はやっぱり審査員の先生方の心を捕らえられたのね。2回も弾き直すようなミスをした人は他に居なかったわ。それでも入選出来たのは高い評価を頂いたという事でしょう。金賞を頂いたより嬉しいわ」 電話の向こうのRちゃんと抱き合いたい気持ちです。

でも、一方Mちゃんは入選できませんでした。毎日3時間も練習して入賞を夢みていたMちゃん。ノーミスで精一杯弾いたのにこの結果を彼女はどう受け止めたら良いのでしょう? 私としては自由曲が大人の名曲でこのコンクールに適さなかったからとの反省もあり、責任を感じました。

。 次のレッスンの日、どんな言葉で励まそうかと思いめぐらしていましたが、Mちゃんは明るい顔でこんなお手紙を渡してくれました。

「いつもピアノを教えて下さり、有難うございます。そして、コンクールを受けさせて下さり有難うございます。

今回は賞を取れなくて、とても悲しいです。けれど、点数は8.7〜9.0なので、予選からの一カ月間、自分の中では頑張れたと思います。ミスもなく、かすりもなく、自分なりに上手く出来たと思います。

けれど、コンクールのレベルとはまた違ったんだと思います。コンクールではミスが無いのが当たり前なんだと知りました。

講評には沢山のアドバイスをもらったので、一つ一つ確実に身につけて行きたいと思いました。

今回は残念でしたが、これからもっともっと頑張るのでレッスンをお願いします。」

読んでいるうちに、Mちゃんの清々しい気持ちに打たれ目が熱くなりました 。

私よりもずっと高いところでMちゃんは結果を受け止めてくれていたのですね。この体験をもとにMちゃんは飛躍的に成長していくことでしょう!

夏のコンクールを終わって、深い感動を与えてくれた3人の生徒に心から感謝しています。

 

 

ラルゴピアノ教室は土日祝もレッスンしております。
ラルゴピアノ教室のホームページアドレスはこちらです。 http://largo.ottava-hp.com

 

リトルキッズコースもあります。http://larsat.jugem.jp/?cid=6

コンクールを目指す生徒 | comments(0) | trackbacks(0)
entry_bottom
仲良し3人揃って予選通過

夏はコンクールの季節です。 今年も小学生の生徒さんが挑戦し、4年生の仲良し3人が揃って予選を通過し、本選に出場することになりました。 熱心なお子さんばかりが応募するコンクールで予選を突破するのは並大抵ではありません、 日頃の練習の成果が実って、ステージで充分力を発揮できたのは本当に嬉しい事です。 嬉しい中にも本選への緊張感のある3人です。左からNちゃん、Mちゃん、Rちゃんです。仲良し三人組  今日は本選に備えてリハーサルをしました。本選の曲は練習し始めて日も浅く、まだまだ仕上がっていないところもありますが、今日の弾きっこは何かの役に立てばと願っています。 本選の舞台で思い通りの演奏ができればそれだけで、私は生徒さん達に思いっきり拍手を送りたいと思います。

 

ラルゴピアノ教室は土日祝もレッスンしております。
ラルゴピアノ教室のホームページアドレスはこちらです。 http://largo.ottava-hp.com

 

リトルキッズコースもあります。http://larsat.jugem.jp/?cid=6

コンクールを目指す生徒 | comments(0) | trackbacks(0)
entry_bottom
春夏のコンクールの成果
今年も意欲的な生徒さん達がコンクールに挑戦し4人が入賞しました。 幼稚園年長のI君はPTNAコンベテイション予選で優秀賞を頂きました。 「もっと練習して、来年は本選でトロフィーを貰いたいと思いました。」(I君の感想です) I君 2年生のAさんはPTNA予選で奨励賞を頂きました。 「本選には行かれなかったけれど、賞が貰えて嬉しかったです。」(Aさんの言葉です) Aさん            3年生のNさんは神奈川コンクールの予選を通過しました。 準本選では思わぬミスをしてしまったけれど、生き生きした楽しい演奏をしてくれました。 3年生のMさんはフレッシュ横浜コンクールに入賞しました。 「始めてのコンクールで予選を通過し、本選で入賞がとれて、とても嬉しかったです。 その日の夜犬のワルツ“を弾くので、又練習を頑張りたいです。」(Mさんの言葉です。)Mさん              
3年生のRちゃんは昨年に続き予選で優秀賞を頂きました。Rちゃんの美しい音色は審査員の先生にも評価して頂けました。 ただ、毎年予選を楽に通過しているRちゃんにとっては本選で賞がもらえなかったのはちょっぴり残念だったようです。
コンクールは上を目指すと限りなく、例えば銅賞を取ってもその上に金賞があり、頂点に立てない口惜しさは何時も付きまといます。
それでも毎年参加を薦めるのは、そのための練習で一つの曲を深く見つめて完成させると、一段とピアノが上手になり、音楽が好きになってくれるかと思うからです。 そして、目標に向かって頑張り、ステージで弾く緊張は、ピアノだけでなく人間としての成長にもつながると信じています。
コンクールを終わった生徒さん達は、又新しい目標に向かってスタートしました。

ラルゴピアノ教室は土日祝もレッスンしております。
ラルゴピアノ教室のホームページアドレスはこちらです。 http://largo.ottava-hp.com
コンクールを目指す生徒 | comments(0) | trackbacks(0)
entry_bottom
夏のコンクールを振りかえって
ラルゴから5人の生徒さんが参加した夏のコンクールの日程が全て終わりました。
始めて参加した2人の生徒さんは予選を通過することが出来ませんでしたが、2ヶ月間一つの曲にこだわって、集中して練習した事はとても進歩につながったと喜んで下さいました。
去年に続いてPTNAを受けた3人はそれぞれ受け止め方があり、私も色々と考えさせられました。
3年生のYちゃん予選で素敵な演奏をして2回とも優秀賞を頂きました。
Y.T


Yちゃんのメッセージです。


****************************

私はコンクールを受けたみんながとても上手だと思いました。

もっと自分らしさを出さなくてはダメだと思いました。

みんなの前で演奏ができて、とても楽しかったです。

これからも練習頑張ります。

****************************



 
2年生のRちゃん予選ではとても高い評価を頂き、2回とも優秀賞を得ました。
R.M
2回とも本選出場の権利があったのですが、2回目の本選は棄権することにしました。
「2回受ければ最優秀賞を取って全国大会に出るチャンスが増えるのに、どうして?」との問いに答えられたお母様のご意見は立派でした。
「うちは賞を取るために受けるのではありません。4期の作品を練習して大勢の先生に評価して頂く事で勉強になればとの願いなので、本選の日が1日しか間が無いのでその間に演奏が変わるとは思えないので、2回出ても意味がないと思うので。」と言われて本選が終わるとすぐに家族旅行に出発されることを選ばれました。
結果、理想どうりの演奏をしたのに賞を頂く事は出来ませんでしたが、Rちゃんは晴れやかな顔で出かけて行きました。


ラルゴピアノ教室は土日祝もレッスンしております。
ラルゴピアノ教室のホームページアドレスはこちらです。
http://largo.ottava-hp.com
コンクールを目指す生徒 | comments(0) | trackbacks(0)
entry_bottom
コンクールに向けて励む子供たち
発表会を終わったばかりのラルゴピアノ教室の生徒さんですが、夏のコンクールを目指す子供達は休む間もなく、熱心に練習を始めました。
もともと良くできる子たちですから、課題曲の譜読みをして弾くのは楽々なのですが、それを更に深めて、歌うようなレガートとか軽やかなスタッカートとか色彩のある音色に仕上げるのはなかなか大変です。
小3のMちゃんは「おはよう ヤマガラ」と言う曲のイメージを次の様な画と文で綴ってくれました。

やまがら1やまがら2やまがら3
可愛いヤマガラの姿が目に浮かぶように弾くよう頑張っています。
この絵を見たら練習も楽しんでやっていてくれるのかな、とほっとします。


ラルゴピアノ教室のホームページアドレスはこちらです。
http://largo.ottava-hp.com
コンクールを目指す生徒 | comments(0) | trackbacks(0)
entry_bottom
H.Iさんがブラジルのコンクールで栄冠
明けましておめでとうございます。
2014年のラルゴの最初のブログは嬉しいお知らせです。
それはサンパウロからのメールで2年前までラルゴの生徒だったH.Iさんがブラジルのコンクールで1位になられたことです。
審査員も権威のある方々で、飛行機で来て参加する人もあるようなブラジルの大きなコンクールだそうで、そんなところで1位と芸術賞を合わせて受賞出来たのは夢の様に嬉しいことだと思います。
発表直後の満足そうなHさんです。
Hさんの1位獲得
ラルゴに居た頃からHちゃんは可愛らしくてピアノの才能に恵まれて皆の憧れの少女でした。でも私はHちゃんが天から与えられたものだけではなく、どんなに努力をして才能を磨いていたかを良く知っています
PTNAのコンベテイシヨンでは何回も失敗して落選の悲しさを味わいましたが、「コンクールは勉強になるから来年も受ける」と自分から言って、1、2年生の時でも2時間も練習して出来るまで頑張っていました。
見た目の可愛らしさからは図れない、涙ぐましい地味な努力をする子だったのです。
春休みに一時帰国された時も忙しい日程の合間にレッスンに来てくれました。
勿論、サンパウロで2年間お世話になった優れた先生のご指導の賜物と
思いますが、Hちゃんのひたむきな努力が実ってこの様な栄冠を勝ち得たのは本当に嬉しくて、涙が浮かびました。
そして、真っ先にメールで私に報告してくれたことにも感謝します。

年の初めにラッキーニュースを伝えられたので、今年はラルゴにとって明るい飛躍の年になりそうな気がします!


ラルゴピアノ教室のホームページアドレスはこちらです。
http://largo.ottava-hp.com
コンクールを目指す生徒 | comments(0) | trackbacks(0)
entry_bottom
コンクールを終わって
夏のコンクールは全て終わりました。
フレッシュ横浜本選に出場したRちゃん。
1,2年生の部門で、Rちゃんは早生まれなので、本選出場者の中では最年少かと思います。
その中で、音色の美しさは際立っていました。
課題曲のアントレは完璧、2曲目も音楽性豊かに弾けました。3曲目も上手くいったと思っていたら、最後の方で指がもつれて、一瞬ぱったり止まってしまったのです。
聞いていた私も心臓ががくんときてしまいました。
がっかりして帰ってきたら、夕方お母様から電話で審査の結果が入選だったことを聞き、びっくりしました。
本選では皆さんとてもきちんと正確に弾いていて、止まった子なんていなかったのに、金賞、銀賞、銅賞には入らなかったものの次の入選に選ばれるなんて考えていませんでした。
ミスをしたのに入選したのは、彼女の音楽性と柔らかな音を出すテクニックが審査員の先生に買って頂けた訳ですから、金賞を頂いたより嬉しいです。里菜子ちゃん
賞状を手に帰ってきてRちゃんのまず言った言葉は「つぎは、いつなの?」すっかりコンクールが気にいったようです。お母様の答えは「暫らくはかんべんしてよ」でした。

PTNA本選に出場したMちゃんは予選が終わってから本選まで2週間しかなかったので、その間本選の課題曲を一生懸命練習しました。出演前のMちゃんは大分緊張していたようです。
ステージではすみずみまで丁寧にまとめて良い演奏が出来ました。
楽屋に戻って来たMちゃんの頬には涙が光っていました。思い通りに弾けたので、ほっとした嬉し涙だったようです。
審査の結果、全国大会に出る事は出来なかったけれど、全力を尽くして、自分なりに満足な演奏が出来たので、終わった後はすっきりして、とても清々しい気持ちだそうです。

同じくPTNA本選に出場したYちゃんも予選と本選の期間が短くて大変でした。
特に課題曲の2曲目は感情の起伏の多い曲だったので、メロデイーラインを綺麗に仕上げるように一生懸命練習しました。
ステージでは1曲目は上手く弾けたのですが、2曲目で一つ一つの音を丁寧に弾こうとする余り、かすれた音のところで思わず立ち止り弾き直してしまいました。
ステージを降りての最初の言葉は「口惜しい!もう一度やり直したい!」でした。
その思いがこれからの練習の意欲につながっているようなので、やっぱりコンクールに出て良かったと思います。

今年も本選に3人の生徒さんが参加出来たのは幸せでした。
コンクールで得た事は沢山あったので、それを糧として明日から良いレッスンをしていきたいと思います。

ラルゴピアノ教室のホームページアドレスはこちらです。
http://largo.ottava-hp.com
コンクールを目指す生徒 | comments(0) | trackbacks(0)
entry_bottom
2013年夏のコンクール
7月は子供のコンクールの季節です。
今年もラルゴピアノ教室から5人の生徒さんがコンクールに挑戦しました。
会場や日時がそれぞれ違うので、私達も応援に行くのに大わらわでしたが、やっと昨日予選が全部終了しました。
幼稚園から2年生の子までの幼い生徒さん達が、一生懸命練習した成果を12分に発揮してくれたので、とても嬉しくてピアノ教師としての生き甲斐を感じる7月でした。
フレッシュ横浜コンクールの予選を通過したRちゃん(1年生)はお手紙を書いてくれました。里菜子さん
「予選では、緊張してミスしそうだったけど、上手く弾けて、本選に行けて嬉しかった!本選も見に来てね。」
小さい体に音楽の天使が乗り移ったようなRちゃんの演奏、本選が楽しみです。
PTNAコンベテイション予選で奨励賞を頂いたHちゃん(1年生)です。ひろ衣さん
本選には進めませんでしたが、1,2年生のランクで1年生が入賞するのは難しいのに2回とも奨励賞を受けたのは、やはり日頃の努力が実って、美しい音色が評価してもらえたので満足な結果だと思います。
PTNAコンベテイション予選で優秀賞を獲得し、本選に行くことになった2年生のMちゃんのメッセージです。もゆさん
「私は本選で(メヌエット)と(やわらかなマーチ)を弾きました。(メヌエット)は女の人がおすましで、ふわりふわりと踊っているように弾きました。(やわらかなマーチ)は自分が雲の上を歩いているつもりで少し軽やかに弾きました。
私はピアノの音が少し固くなりがちなので、本選では柔らかくしてのびのびと弾きたいです。

同じくPTNAコンベテイション予選で優秀賞を得、本選に出る事になったYちゃんです。ゆいさん
「今回初めてコンクールに出てみて、コンクークを受ける人がこんなにじょうずなのに驚きました。私には出来ていないところが沢山ありました。練習してもなかなかうまくいかなかったけれど、何度も練習したので本番では思った通りに弾けたので嬉しかったです!」

コンクールでは同じ年代の子供たちが課題曲を演奏して審査を受けます。
生徒さんたちは他の子供の演奏を聴くことで、私達先生からのアドバイスの何倍も刺激を受け、上手に弾くコツを肌で感じ取ったようです。
発表会とは違って、少しひりひりした雰囲気の中でミスをしないで、隅々まで神経の行き渡った演奏をするのは子供にとってどんなに大変な事でしょう!
でも今年の生徒さん5人は立派にそれを果たしてくれました。
厳しい練習の日々と当日のこの緊張をくぐり抜けて得たこの成果は子供たちの心に忘れられない思い出を残したことでしょう。そして、皆んなピアノがもっと好きになったようです!

ラルゴピアノ教室のホームページアドレスはこちらです。
http://largo.ottava-hp.com
コンクールを目指す生徒 | comments(0) | trackbacks(0)
entry_bottom
夏のコンクールを終わって
暑い、暑い夏休み、ピアノに燃えて、輝いた子供たちを御紹介します。
PTNAピアノコンペテイションに入選し、優秀賞を頂いた2年生のN子ちゃんです。
ナナコチャン
「生まれてから今までで一番がんばりました。」とお手紙に書いてくれました。

フレッシュ横浜コンクールで入選を果たした2年生のKちゃんです。
コッチャン
始めてのコンクールで入選を考えていなかったので、家族のハワイ旅行と重なって本選の直前8日間ピアノに触れませんでした。当日も少々時差ぼけ気味でしたが、一生懸命弾きました。
「発表会よりもすごく緊張しました。みんな上手だったから、自分ももっと上手になりたいと思いました。」

幼稚園生のHちゃんがPTNAピアノコンペテイションで予選で優秀賞を頂き、更に本選でも奨励賞を頂きました。
ひろいちゃん
本選の入賞者発表と表彰式は客席からステージに呼び出されるのですが、予期していなかったのでお母さまは名前を呼ばれたのに気づかず、Hちゃんが隣にいないのにはっと気が付き前を見ると、まっしぐらにステージに飛んでいく喜びに溢れるHちゃんの後ろ姿があったそうです。

「特に辛い思いをしたこともないので、今日からまた練習します。」ですって。子供って逞しいですね。

3人共、この夏のコンクールを通じて音の出し方や表現の仕方をしっかりと身につけたことは確かです。
ピアノを弾くのはただ音符を鍵盤に写すことではないこと、指が速く動くことが全てではないこと、まして難しい曲を弾くのが偉いわけではないことを学んだと思います。そして人によって色々な音色があること、美しい音を出すのがいかに大切かが分かったことでしょう。

何時もステージに上がっていく子供を見ると胸がきりきり痛み、なんでこんな修羅場にいたいけな子供を送りこんでしまったかと後悔する私でしたが、今年は不思議とそんな気がしませんでした。
賞を取った子も落ちた子も全力を尽くしたことに誇りを持ってくれたからだと思います。
そしてこの経験が、これからの人生にきっとプラスになるものと確信できるようになりました。
私たちにもとても尊い思い出を作ってくれたこの夏のコンクールと生徒さん達に心から有難うを申します。


コンクールを目指す生徒 | comments(0) | trackbacks(0)
entry_bottom
コンクールへの挑戦
夏の子供たちのコンクールの季節がきました。
今年はラルゴピアノ教室から5人の生徒さんが参加し、3人が予選を通過しました。
予選とは言っても、PTNAコンベテイションに全国から集まる豆ピアニストたちは目を見開くようなレヴェルの高さです。
そんな場に出ることで少しでも勉強になればとの気持ちから挑戦しましたが、競争率4倍の中で幼稚園生のHちゃんと、2年生のN子ちゃんが予選を通過したのは大変嬉しいことでした。
ひろいちゃん
幼稚園生のHちゃんの笑顔です。
又地元のフレッシュ横浜コンクールも年毎に難しくなっていますが、ピアノを始めて未だ1年半のKちゃんが合格して大喜びです。
2年生のN子ちゃんとKちゃんは同じ小学校で、1年生の時はクラスも同じで大の仲良しです。
2人揃って入選「やったあ!」
ナナチャンとコッチャン
昨日は本選に向かって練習に励んでいる3人を集めてリハーサルをしました。
予選の前にもリハーサルをしたのですが、3人共3週間前とは別人のように上手になっていました。
お辞儀の仕方から初めの音を出す時の呼吸などピアニストのようですし、何より音がしっかりしてきて、いろんな色合いの音が出るようになりました。
小さい子でもコンクールに出るとこんなに進歩するのだなあと感心し、やっぱり参加させてよかったと思いました。
本選でも健闘してくれることを祈っています。

でもコンクールでは悲しいこともありました。
昨年幼稚園生でPTNA全国大会に出場し、入賞者記念コンサートに出る栄冠を得たMちゃんが今年は1年生で受けたのですが予選で落ちてしまったのです。一生懸命に練習して私の言うことを良く聞いて弾いてくれたのに結果が悪かったので、私の指導が間違っていたかしら?とか、選曲が悪かったかしら?とか胸を痛めました。
Mちゃんも泣いていましたが、でもピアノは好きだからこれからもテクニックを磨いて来年も挑戦すると言ってくれました。

そんなMちゃんに神様が素晴らしいプレゼントを下さいました。
御親類の結婚式で演奏する機会が出来たのです。
7歳の可愛い女の子の弾くドビッシーの「小さな黒ん坊」はお客様たちを大変湧かせ、全員が「アンコール!」と叫ばれたそうです。再びピアノに座って2回目も会心の演奏が出来たとのこと、顔中を輝かせて報告してくれました。
日本のモーツアルトになった気分のようです。
ピアノを弾くことで人を感動させる歓びを知ったことはコンクールに入賞するよりも貴重な経験だったと思います。

もう1人フレッシュ横浜で予選通過出来なかった6年生のSちゃんはラルゴの皆が憧れる才能豊かな生徒さんです。
フレッシュ横浜は自由曲なので春の発表会で良い演奏をした生徒さんに勧めているのですが、たまたま発表会で弾いたのが私の作品で出版されていないものなので試験曲には許可されなくて、急いで新しい曲を練習したのでちょっと無理だったかな?とこちらの勧め方を反省しています。Sちゃん、ごめんね。
でもコンクールに参加したのを機会にサイレントの装置も買っていただき、将来音大を目指す希望になり、今までのセンスの良さと抒情性で弾いていただけでなく、チェルニーの30番やバッハのインベンションなど基礎を練習して本格的なピアノの勉強を始めるきっかけになったようです。これからのSちゃんの才能開花に期待しています。



コンクールを目指す生徒 | comments(0) | trackbacks(0)
entry_bottom
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
recent_entry
archives
RECENT TRACKBACK
RECOMMEND
SPONSORED LINK
LINK
PROFILE
MOBILE
qrcode
search