2015年クリスマス会
12月5日、ラルゴクリスマス会の1日目です。 会場はレストランプロローグ・プレジールです。 役員のお母様や、お店の方の飾りつけでクリスマス気分が盛り上がっています。 入口にはパンやクッキーで作られたラルゴの名前も入ったデコレーションあります。お店のデコレーション   クリスマス会は仲良しになる会なので、お友達とのアンサンブルを薦めていますが、今日は素晴らしい連弾の花が咲きました。 2年生のHさん、Sさん、Aさんのトリオは練習を始めた時は合わせられなくて大変でしたが、お母様方の協力もあって練習を重ねたのが実って本番はばっちりでした。 3年生の連弾                        3人で「オートレーサー」のイメージのこんな可愛い絵も描きました。 絵(オートレーサー) 連弾のハイライトは5年生の2組です。1年生からコンビを組んでいるKさんとKさんは連弾が大好き、ピアノの練習が少し辛くなって弾かなくなっている時も、ひとたび連弾となると目の色が変わって頑張ります。 「かっこいい!」と2人が気に入って選んだ“新世界”のフィナーレは2人の気持ちそのままに、生き生きと輝く演奏でした。 連弾(新世界より) 同じく5年生のAさんとNさんもアンサンブルも5回目になるので、息はぴったりです。 塾やお勉強で忙しい日程の中2人で時間を繰り合わせて練習し、レヴェルの高いアレンジの”ラプソデイーインブルー“を立派に演奏しました。 弾き終わると大きな拍手に包まれ、ご家族を始め御客様達も感動して下さいました。 連弾(ラプソディー・イン・ブルー) プログラムの最後は中2のY・Fさんと小3のR・Fさんの姉妹の連弾です。Yさんは連弾が大好きでベテランですが、年が離れているので姉妹での合奏は初めてです。 “パッヘルベルのカノン“はRちゃんには少し難しい曲だったのですが、お姉さんが良くリードしてくれて、姉妹愛が感じられ、心温まる演奏をしてくれました。 連弾(カノン) 連弾を通じてピアノ曲ばかりでなく、オーケストラの曲にも触れ、生徒さん達が音楽が大好きになった事、そして互いの間に信頼と友情を育んでくれたことがとても嬉しく思えました。 勿論ソロもそれぞれ楽しい演奏がありましたが、「連弾を奨励して良かったなあ」と感じたクリスマス会第1日でした。 5日 集合 第2日目は13日です。トップバッターは3歳のMちゃんです。先生に抱きあげられてピアノの椅子に座る位小さいのに、両手を使って“小さな世界”を立派に弾いたのでみんなびっくりしました。 Mちゃんの演奏     幼稚園年中のI君は幼稚園年中ですが、クリスマス会は2回目なのでさすがに、難しいアレンジのミッキーマウスマーチを颯爽と弾きました。 I君の演奏     1年生のYちゃんとNちゃんは学校は違うけれどラルゴで仲良しになりました。2人で大きな声でスピーチして、“ビビデイバビデイブー”を可愛く弾きました。 YちゃんとNちゃん       2人の描いた絵です。 Yちゃんの絵Nちゃんの絵 小4のYさんは佐藤州作曲”ひとりぼっちのクリスマス“を美しい音で弾いてくれました。 ひとりぼっちのクリスマス 小5のMさんとHさんも学校は違いますがもう長くラルゴに来ているので、二人でアンサンブルに加わった事もあり親しくしています。でもこの連弾でひときわ意気投合し盛り上がったようです。エーデルワイス “エーデルワイス”を弾くので、Hさんは図鑑で花の事を調べ、Mさんは学校の版画制作でもエーデルワイスを作りました。版画 プログラムの最後のNさんは今年も弾き語りで“さよならの向こう側”を披露しました。 私も少し一緒に歌わせてもらいました。 さよならの向こう側 始めて参加した方がとても温かいクリスマス会だったと喜んで下さいました。 13日集合 クリスマス会最終日の20日。 プログラム1番は3歳のRちゃんです。もみじのような手で“赤い谷間を“しっかり弾きました。 Rちゃんの演奏 2番のAちゃんは年長さんです。ピアノを始めて未だ8カ月ですが、”アナと雪の女王“大好きなので“雪だるまつくろう”をセリフも言いながら上手に弾きました。Aちゃん こんな可愛い絵も描きました。 Aちゃんの絵 ”いつか王子様が”を弾いた1年生のMちゃんも白雪姫の絵を描きました。 白雪姫 1年生のK君はお母様と連弾で”ミッキーマウスマーチ“を弾きました。 「僕は沢山練習したから大丈夫だけれど、お母さんが間違えるのが心配です。」とスピーチで言ってみんなの頬笑みを誘いました。親子の演奏は本当に楽しいですね。ミッキーマウスマーチ連弾 ”骸骨たちの陽気な行進”を弾いたMちゃん(3年生)の絵です。骸骨たちの陽気な行進 プログラム8番。私(マリ子)は生涯忘れられない大失敗をしました! 3年生のMさんとNさんはラルゴの連弾の花です。 「私達は大の仲良しです。今日は私達の大好きな”アイネクライネ・ナハトムジーク“を弾きます」の挨拶に続いて、彼女達が描いた絵を見せようとして、私は未だ気が付きませんでした。楽譜を私が持参する約束だったのに、持って来ていなかったことに・・・・・。 「先生、楽譜は?」と言われて私は一瞬呆然として、顔から血の気が引きました。 お母様方のご協力もあって、何回も練習を重ね、素晴らしく仕上がっていたのに、楽譜が無ければ、ここで演奏することが出来ないのです。クリスマス会は今真最中で、取りに帰ることも不可能です。泣くにも泣けず呆然としている私に、2人は力強く言ってくれました。 「暗譜でやってみます!先生心配しないで」1回も暗譜で弾いたことが無いのに、8ページにもわたる曲を弾くのはとても無理に思えました。でも「大丈夫。覚えているから」と言い切って演奏を始めました。 ハラハラする私を尻目に、彼女達はフォルテは生き生きと、ピアノで歌うところは甘く優しく、優雅なモーツアルトの音楽を練習の時以上に再現してくれました。 ミスもなく弾き終わると、お客様からは感嘆の拍手が巻き起こりました。 私は失敗の反省と共に、彼女たちへの感謝を忘れる事が出来ません。 MちゃんとNちゃんの絵アイネクライネナハトムジーク この日は男性の活躍も目立ちました。 4年生のS君は“剣の舞”を躍動感に溢れて弾きました。 S君の演奏 6年生のT君はゲームのスタッフクレジットを編曲して面白く弾きました。 T君の演奏 ここからは高校1年生が3人続きます。 R君は声楽で音大受験を目指しているので、イタリア歌曲と“サンタルチア”を独唱しました。男らしいバリトンの歌声はお客様達を楽しませてくれました。 H君は”千本桜“を素晴らしいノリで弾き、お客様を圧倒しました。H君の演奏 男性は女性とは一味違った自己主張があり、人の心に響く演奏をしてくれます。。 Mさんは音大ピアノ科を目指しているので試験曲になるようなベートーヴェンのソナタに挑みました。本格的な曲をこの様な場で完璧に弾くのは大変ですが、これからもラルゴの皆さんに応援してもらって合格につなげたいですね。 Mさんの演奏                  プログラム最後は社会人のYさん、Mさんの連弾で、”星に願いを“をジャズ風にアレンジした素適な曲でした。 2人共年末でお仕事が大変忙しい中でしたが、この2人もアンサンブルは何回もしているので、見事な大人の演奏を披露し、2015年のクリスマス会締めくくってくれました。星に願いを(連弾)               

3日目集合
数々のドラマを生んだクリスマス会も終わり、2015年も残すところ僅かとなりました。 ラルゴピアノ教室は素晴らしい生徒さんやご父兄に恵まれ、1年間を無事過ごすことが出来ました 2016年も実り多い年になります様努力していきたいと思います。

ラルゴピアノ教室は土日祝もレッスンしております。
ラルゴピアノ教室のホームページアドレスはこちらです。 http://largo.ottava-hp.com
クリスマス会 | comments(0) | trackbacks(0)
entry_bottom
スポンサーサイト
- | - | -
entry_bottom
Comment
コメントする









entry_bottom
Trackback
この記事のトラックバックURL
http://larsat.jugem.jp/trackback/110
TRACKBACK BOTTOM
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
recent_entry
archives
RECENT TRACKBACK
RECOMMEND
SPONSORED LINK
LINK
PROFILE
MOBILE
qrcode
search