第23回ラルゴピアノフェスティバル

7月2日にみなとみらいホール小ホールで第23回ラルゴピアノフェスティバルを催しました。

第一部は幼稚園生から小学校5年生までの生徒さんで、今年は43名で数も多かったのですが、質的にも 今までで一番レヴェルが高いものになりました。

PTNAコンベテイションやフレッシュ横浜などがコンクールの入賞者が1部だけで8名,(3部も入れると11名) も出演していて光る演奏を聞かせてくれました。

それ以外の生徒さんたちも真面目に練習してくれているのが良く分かる好演が多かったです。

また、今年初めてステージに出た幼稚園生、1年生の子たちも始めたばかりと思えない位、可愛らしい中にもしっかりと弾いてくれました。

学年が上がるにつれ、それぞれが前年よりもずっと進歩しているのがはっきりして、頼もしく思えました。

素晴らしい演奏をした才能豊かな4,5年生の生徒さんたちをこれからどのように育てていくか希望とともに責任を感じます。 集合写真(第1部) 第二部は「ピーターと狼」です。

小学校1年生から社会人の生徒さんたちで力を合わせて作ったり楽しいステージです。

ロシアの大作曲家プロコフィエフが自分で台本を書き、オーケストラとナレーションによる音楽童話として完成したこの作品は, ラルゴピアノ教室の18番で今度で3回目になります。

以前はエレクトーンでオーケストラの音を表しましたが、今回はピアノ連弾と,クラリネット,オーボエ,ファゴット など生の楽器で仕上げてみました。

猫のクラリネットはソロ演奏でもプロコフィエフの  トッカータを弾いて活躍する中学生のK君が吹いてくれました。 『ピーターと狼』の  あひるのオーボエとおじいさんのファゴットは生徒さんのお父様が賛助出演で 素敵な音を聞かせて下さいました。 『ピーターと狼』のおじいさん 始めてまじかに見る管楽器と生音に生徒たちはとても興味深い様子でした。色々な音色に触れ、オーケストラの啓蒙にもなったと思います。

でも,子供たちが何より楽しんだのはお友達とアンサンブルをすること,それにお母様方の手作りの可愛い衣装を着て踊ったフィナーレだったでしょう。 『ピーターと狼』の狩人『ピーターと狼』の狩人と狼『ピーターと狼』の小鳥『ピーターと狼』のフィニッシュ 振り付けをしてくださったOBのSKさんの親切な指導で 今までで一番上手く出来ました。

第三部は中学生から社会人までの生徒さんで,ラルゴに在籍するのが8年以上の方が大部分です。中には18年になる 生徒さんもいて年月の速さを感じるとともに、それらの方々のお陰で、現在のラルゴのカラーが生まれ、明るく暖かいお教室として23年も続いているのだと、感謝の気持ちでいっぱいです。

21人の中で音楽を専攻するのは1人だけなので、他の学生さんや社会人の方は本当にピアノの練習時間を作るのが 大変な状況です。でもそれにもめげず,毎年グレードアップする曲に挑戦していられるのはすごいことだと思います。 彼らをここまで引き入れるのは、やはり音楽の持つ素晴らしい魅力なのでしょうか?  

私達はそのようなピアノに関わっていることに改めて  ありがたく思います。 そして彼らに負けないよう私達も 進歩していかなければ、と痛感しました。 集合写真(第3部)

 

 

ラルゴピアノ教室は土日祝もレッスンしております。

 

ラルゴピアノ教室のホームページアドレスはこちらです。 http://largo.ottava-hp.com

 

リトルキッズコースもあります。http://larsat.jugem.jp/?cid=6

ピアノ発表会 | comments(0) | trackbacks(0)
entry_bottom
スポンサーサイト
- | - | -
entry_bottom
Comment
コメントする









entry_bottom
Trackback
この記事のトラックバックURL
http://larsat.jugem.jp/trackback/127
TRACKBACK BOTTOM
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
recent_entry
archives
RECENT TRACKBACK
RECOMMEND
SPONSORED LINK
LINK
PROFILE
MOBILE
qrcode
search