神奈川県横浜市青葉区のピアノ教室『ラルゴピアノ教室』のブログ。
土曜・日曜・祝日もピアノレッスンを行なっています。
コンクール入賞者多数おります。
幼稚園生・保育園生対象の1回20分の「リトルキッズコース」も行なっています。
午前中などに主婦レッスンクラスあります。
<< March 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
2013年夏のコンクール
7月は子供のコンクールの季節です。
今年もラルゴピアノ教室から5人の生徒さんがコンクールに挑戦しました。
会場や日時がそれぞれ違うので、私達も応援に行くのに大わらわでしたが、やっと昨日予選が全部終了しました。
幼稚園から2年生の子までの幼い生徒さん達が、一生懸命練習した成果を12分に発揮してくれたので、とても嬉しくてピアノ教師としての生き甲斐を感じる7月でした。
フレッシュ横浜コンクールの予選を通過したRちゃん(1年生)はお手紙を書いてくれました。里菜子さん
「予選では、緊張してミスしそうだったけど、上手く弾けて、本選に行けて嬉しかった!本選も見に来てね。」
小さい体に音楽の天使が乗り移ったようなRちゃんの演奏、本選が楽しみです。
PTNAコンベテイション予選で奨励賞を頂いたHちゃん(1年生)です。ひろ衣さん
本選には進めませんでしたが、1,2年生のランクで1年生が入賞するのは難しいのに2回とも奨励賞を受けたのは、やはり日頃の努力が実って、美しい音色が評価してもらえたので満足な結果だと思います。
PTNAコンベテイション予選で優秀賞を獲得し、本選に行くことになった2年生のMちゃんのメッセージです。もゆさん
「私は本選で(メヌエット)と(やわらかなマーチ)を弾きました。(メヌエット)は女の人がおすましで、ふわりふわりと踊っているように弾きました。(やわらかなマーチ)は自分が雲の上を歩いているつもりで少し軽やかに弾きました。
私はピアノの音が少し固くなりがちなので、本選では柔らかくしてのびのびと弾きたいです。

同じくPTNAコンベテイション予選で優秀賞を得、本選に出る事になったYちゃんです。ゆいさん
「今回初めてコンクールに出てみて、コンクークを受ける人がこんなにじょうずなのに驚きました。私には出来ていないところが沢山ありました。練習してもなかなかうまくいかなかったけれど、何度も練習したので本番では思った通りに弾けたので嬉しかったです!」

コンクールでは同じ年代の子供たちが課題曲を演奏して審査を受けます。
生徒さんたちは他の子供の演奏を聴くことで、私達先生からのアドバイスの何倍も刺激を受け、上手に弾くコツを肌で感じ取ったようです。
発表会とは違って、少しひりひりした雰囲気の中でミスをしないで、隅々まで神経の行き渡った演奏をするのは子供にとってどんなに大変な事でしょう!
でも今年の生徒さん5人は立派にそれを果たしてくれました。
厳しい練習の日々と当日のこの緊張をくぐり抜けて得たこの成果は子供たちの心に忘れられない思い出を残したことでしょう。そして、皆んなピアノがもっと好きになったようです!

ラルゴピアノ教室のホームページアドレスはこちらです。
http://largo.ottava-hp.com
| 21:49 | コンクールを目指す生徒 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| | - | - | - |









 
この記事のトラックバックURL

http://larsat.jugem.jp/trackback/67