神奈川県横浜市青葉区のピアノ教室『ラルゴピアノ教室』のブログ。
土曜・日曜・祝日もピアノレッスンを行なっています。
コンクール入賞者多数おります。
幼稚園生・保育園生対象の1回20分の「リトルキッズコース」も行なっています。
午前中などに主婦レッスンクラスあります。
<< March 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
コンクールを終わって
夏のコンクールは全て終わりました。
フレッシュ横浜本選に出場したRちゃん。
1,2年生の部門で、Rちゃんは早生まれなので、本選出場者の中では最年少かと思います。
その中で、音色の美しさは際立っていました。
課題曲のアントレは完璧、2曲目も音楽性豊かに弾けました。3曲目も上手くいったと思っていたら、最後の方で指がもつれて、一瞬ぱったり止まってしまったのです。
聞いていた私も心臓ががくんときてしまいました。
がっかりして帰ってきたら、夕方お母様から電話で審査の結果が入選だったことを聞き、びっくりしました。
本選では皆さんとてもきちんと正確に弾いていて、止まった子なんていなかったのに、金賞、銀賞、銅賞には入らなかったものの次の入選に選ばれるなんて考えていませんでした。
ミスをしたのに入選したのは、彼女の音楽性と柔らかな音を出すテクニックが審査員の先生に買って頂けた訳ですから、金賞を頂いたより嬉しいです。里菜子ちゃん
賞状を手に帰ってきてRちゃんのまず言った言葉は「つぎは、いつなの?」すっかりコンクールが気にいったようです。お母様の答えは「暫らくはかんべんしてよ」でした。

PTNA本選に出場したMちゃんは予選が終わってから本選まで2週間しかなかったので、その間本選の課題曲を一生懸命練習しました。出演前のMちゃんは大分緊張していたようです。
ステージではすみずみまで丁寧にまとめて良い演奏が出来ました。
楽屋に戻って来たMちゃんの頬には涙が光っていました。思い通りに弾けたので、ほっとした嬉し涙だったようです。
審査の結果、全国大会に出る事は出来なかったけれど、全力を尽くして、自分なりに満足な演奏が出来たので、終わった後はすっきりして、とても清々しい気持ちだそうです。

同じくPTNA本選に出場したYちゃんも予選と本選の期間が短くて大変でした。
特に課題曲の2曲目は感情の起伏の多い曲だったので、メロデイーラインを綺麗に仕上げるように一生懸命練習しました。
ステージでは1曲目は上手く弾けたのですが、2曲目で一つ一つの音を丁寧に弾こうとする余り、かすれた音のところで思わず立ち止り弾き直してしまいました。
ステージを降りての最初の言葉は「口惜しい!もう一度やり直したい!」でした。
その思いがこれからの練習の意欲につながっているようなので、やっぱりコンクールに出て良かったと思います。

今年も本選に3人の生徒さんが参加出来たのは幸せでした。
コンクールで得た事は沢山あったので、それを糧として明日から良いレッスンをしていきたいと思います。

ラルゴピアノ教室のホームページアドレスはこちらです。
http://largo.ottava-hp.com
| 19:26 | コンクールを目指す生徒 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| | - | - | - |









 
この記事のトラックバックURL

http://larsat.jugem.jp/trackback/69